もっと安くて便利なインターネットFAXを探す

INTERFAXは専用のメールアドレスを使う

インターネットFAXというサービスはご存知でしょうか。
営業ツールとしてまた、連絡手段として利用されるFAXですが、最近では電子メールに替わって利用されてこないケースが増えてきました。
しかし、会社としては、FAXの送受信用の設備を備える必要がありますし、複数の顧客に対しても営業のFAXを行う必要があります。
そのような場合にインターネットFAXのINTERFAXのサービスを利用すると便利です。
このサービスの特徴としては、会社の複数のユーザーが電子メールでINTERFAXに指定された電子メールを送信する事で、自動的に内容をメールするという事です。
 これは電子メールのテキスト情報をFAXするだけでなく、PDFの閲覧用ファイルだけではなく、ワードやエクセルなどのオフィスのデータに対してもメールに添付する事でFAXをする事ができます。
 この事により、FAX作業に手間を取られることはありません。
なぜなら、送信時に送信先が通話中の待ちが発生したり、FAXを自社で利用中に回線が埋まってしまうという事もありません。

また、FAXは旧来的なイメージがあると感じる人がいますが、FAXを受信する側からいえば紙メディアは読みやすいという利点がありますので大きな営業メリットがあります。

送信も受信も無料なKDDI FAX

KDDIペーパーレスFAXは相手方の電話番号に対してインターネット回線を利用してFAX送信が出来るという特徴があるのです。そして通常のFAXに付随する消耗品費などを極力抑えることが出来るのがペーパーレスFAXです。
KDDIペーパーレスFAXの特徴は文字通りペーパーレス、印刷をしなくても内容やファイルなどを受信できる特徴があります。FAXのメリットである受信側の通信量が必要ないのです。メールの場合、受信側も通信料金を負担していますがその必要がありません。また通常のFAXで送信する場合は、通話料金を負担することになりますが、相手方がKDDIペーパーレスFAXサービスを利用していれば送信に関しても無料となるのです。
FAXの送信方法はメールの送信方法と同じなので、インターネットFAXを意識することはありません。ただし1台1台に電話番号の割り振りがあるため固定費として基本料金として回線使用料、ユニバーサルサービス料が加算されることです。

ではKDDIとINTERFAXを比較した場合、どちらのほうがお得なのでしょうか。やはり料金が安いKDDI FAXがおすすめです。しかし世の中にはもっと安いインターネットFAXがあります。FAX無料で使えるeFAXと比較するとKDDIもINTERFAXも霞んでしまいます。完全無料なほうがおすすめに決まっています。あとはスマホに対応しているかどうかで決めましょう。